面倒なみじん切りもおさらば‼フードチョッパーで料理をたのしく簡単に! | Party Kitchen

面倒なみじん切りもおさらば‼フードチョッパーで料理をたのしく簡単に!

おすすめキッチングッズ

面倒なみじん切りを簡単にする機械があるのは知っているけど…実際その機械を使う事も面倒になっていたり、洗うのも面倒くさそうだな…と感じて使った事もないという方も多いのではないでしょうか?今回は、洗うのも使うのも簡単!刻む、つぶす、混ぜる、といった工程をパパッと行うことが可能。力も、電源も必要なし。とってもシンプルな仕掛けのフードチョッパーでの簡単料理をご紹介します。

 

フードチョッパーってどんなもの?

簡単にみじん切りが可能になり、ハンドルを回したり紐を引いたりする物が販売されています。かき混ぜたり、切ったり水切り出来るものもあり金額も様々ですが、ネットでは1000円、ディスカウントショップでは500円くらいから販売されている、お手頃な試しやすい商品ですよ。メーカーによって呼び方も異なりますが、フードチョッパーと検索して見ると、様々なものが出てきます。紐を引く回数で食感や出来上がるものも、様々なレパートリーに広がります。

例えば…紐を引く回数が

  • 1回 ザク切り…炒め物に使うキャベツサラダなどに丁度いい
  • 2回 粗みじん切り…ザク切りの半分くらいの大きさに仕上がる
  • 4回 みじん切り…玉ねぎや長ネギ、ニンニクなど細かくみじん切りされる

フードチョッパーの活用例

面倒だったつみれもお任せ!簡単つみれ汁

ミンチ肉の場合だと、いつもの調味料とお好みのお野菜を全てフードチョッパーに入れ紐を4回程引っ張るだけでタネが完成します。手で丸める他、スプーン2本で丸めると手も汚れません。また魚のつみれも、切り身を入れ調味料を入れ4回引っ張るだけでしっかりとミンチ状に。一度にたくさんの量を作る事も出来、冷凍保存も可能なのでとっても便利ですね。お鍋や味噌汁、スープなんでも入れて味わうことが出来ます。

作り置き万能ダレ〜タルタルソース〜

玉ねぎきゅうりを小さめにカットし、ゆで卵は半分に切り調味料を含めた全ての材料を、フードチョッパーに入れます。蓋をして全てがよく混ざるまで紐を引いたらあっという間に完成!!チキン南蛮などが連想されるタルタルソースですが、トーストに乗せたり、サラダにかけたりアレンジ次第でレパートリーも多数広がります。

たっぷりのタルタルソースをかけてチキン南蛮を作るのも良さそうですね♪

上の動画で出てきているタルタルソースも、フードチョッパーでみじん切りの工程が短縮できます!

是非是非作ってみてくださいね♪

▶︎チキン南蛮のテキストレシピがみたい方はコチラ!

大根おろし

大根1本を4等分に切ります。さらに1つを4等分してフートチョッパーに入れます。あっという間に大根おろしの完成です。フードチョッパーで作った大根おろしは少し粗目に出来上がります。水分も少なく、辛みの少ない大根おろしが作れます。

果実入りフレッシュフルーツゼリー

いちごやメロン、パイナップルなどのフルーツをフードチョッパーにかけ、寒天やゼラチンで固めます。果実、果汁も一緒に固めても良し、果実は固まった後にあと乗せしても違った食感を楽しむことが出来ます。危ない道具も使わないので、お子様と一緒に作るのも喜んでくれそうですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。料理が何倍も楽になるフードチョッパー料理。

料理が時短され、面倒に感じていた手順をフードチョッパーに任せる事で、レパートリーもグッと広がり楽しく感じるのではないでしょうか。最近では家事、料理に挑戦する男性も増えてきています。特に料理初心者の方には、強い味方になってくれる事間違いなしなフードチョッパー。

引っ張るタイプ、回すタイプ、押すタイプ主に3つ。容量も少量出来るものや、ご家族5人〜向けな大容量な物まであります。種類や機能はそれぞれ異なりますので、自分に合った商品はどれかしっかり考え購入し毎日の料理をさらに楽しく、簡単にしてみましょう!是非、参考にしてみてくださいね。

PartyKitchen編集部

5,345 views

Party Kitchen 編集部です! 料理だけでなく、大切な人をおもてなしするアイディア、テーブルコーディネート、お出かけアイディアなどをご紹介していき...

プロフィール

おすすめ

  1. この記事へのコメントはありません。

ABOUT

「Party Kitchen」は、女性のための「料理とおもてなし」メディアです。
料理の基礎から毎日の献立や簡単料理、本格スイーツにパーティー料理、さらには魚のさばき方などの料理を中心に、大切な人をおもてなしするアイディア・パーティー・テーブルコーディネート・お出かけなどの情報を発信しています。
笑顔にしたい人がいる方に寄り添うメディアを目指していきます。
詳しく

最新の記事