キッチンの場所別:収納DIYアイデアまとめ | Party Kitchen

キッチンの場所別:収納DIYアイデアまとめ

キッチンDIY

 

料理がお好きな方ほど調味料や調理道具が充実し、キッチンの片づけが大変になっていくのではないでしょうか。収納場所が多ければ良いのですが、お住まいの場所によっては少ないスペースに何とかものを収めなければいけません。収納方法を工夫することで、快適なキッチンを目指しましょう。今回は、キッチンの場所や片づけたいもの別の収納DIYアイデアをご紹介します。キッチンの整理整頓にお悩みの方は、ぜひ参考にしてみてください。

冷蔵庫の収納

冷蔵庫の扉側にチューブ型の調味料を置いている方は、ぜひフック付きのピンチを使った収納を試してみてください。チューブをピンチではさんで扉にぶらさげるだけですが、調味料の取り出しやすさが格段に変わります。ピンチを取り外さなくても調味料の使用は可能なため、冷蔵庫に戻すときは再び扉へフックをかけるだけです。

冷蔵庫の中で、もっとも腐らせてしまうことが多い食材は野菜です。

冷蔵庫の種類にもよりますが、野菜の保存は引き出し式の野菜室で行っている方が多いのではないでしょうか。引き出しタイプの野菜室は便利ですが、奥にしまっておいた野菜に気づかず腐らせてしまうこともあります。せっかくの食材を無駄にしないよう、冷蔵庫内に何があるかひと目でわかるような収納を心がけましょう。野菜室には、紙袋で仕切りを作って立てておくことがおすすめです。仕切りを作ることでほかの野菜とぶつかり合って痛んでしまうのを防ぐ効果もあります。

壁面収納

キッチンの限られたスペースをうまく活用するには、壁面収納を利用することをおすすめします。たとえば、お玉やキッチンバサミなどの調理道具は、手の届く場所にかけておくと便利です。キッチンの壁にワイヤーネットを設置してフックを取り付け、調理道具をかけられる壁面収納を作りましょう。ワイヤーネット以外では、すのこや有孔ボードも同じように使えます。

賃貸にお住まいの場合や壁に釘を打つことに抵抗のある方は、突っ張り棒を利用して壁面収納を固定しましょう。突っ張り棒にはプラスチック製のものもあれば丈夫なステンレス製、木材を利用したものもあります。プラスチック製のものがいちばんお手軽で、長さによっては100均でも手に入ります。突っ張り棒を複数本立て、結束バンドでワイヤーネットを固定しましょう。強度が気になる方は針金を巻いてみてください。木製の有孔ボードやすのこを使用する場合は、水に強くなるようにニスを上塗りしておくと安心です。

調味料の収納

キッチンはカラフルなパッケージの調味料が並んでいるため、雑然と見えてしまうことが多い場所です。すっきりと見せたい方は、調味料をシンプルな容器に移し替えてみましょう。調味料入れは100均やホームセンター、その他雑貨店で同じシリーズのものを買いそろえることをおすすめします。違うメーカーの容器ではサイズが異なり、収納時にデッドスペースが生まれてしまうことがあるためです。

調味料入れのデザインにこだわれば、カフェやレストランのような空間の演出もできるようになります。お好みの容器が見つからなければ、自分の手でリメイクするのも楽しそうです。ふたに色を塗ったり容器に貼るラベルを自作したりして、こだわりの調味料入れを作ってみてはいかがでしょうか。アレンジが難しいという方は、マスキングテープを有効活用しましょう。かわいい柄のマスキングテープを瓶に貼り、調味料の名前を書くだけでもおしゃれでオリジナリティのある容器になります。

食器の収納

食器はものによって大きさや形が異なるため、収納しにくいアイテムのひとつです。食器棚やシンクの下の引き出しなど、場所ごとに収納の工夫をしてみましょう。

小さいお皿やコースターなどをシンク下に収納するときは、種類ごとに重ねて置いておく方が多いのではないでしょうか。そうすると、引き出しの開閉時に積み上げたお皿が崩れてくることがあります。こまごましたものは、かごを用意してまとめて入れるのがおすすめです。

頻繁に使うカップやお皿は、思い切って見せる収納にしてしまうのも良いでしょう。マグカップのように取っ手が付いているものであれば、フックに吊り下げておくことも可能です。また、キッチンの出窓にあるデッドスペースを利用し、収納棚を設置しても良さそうです。100均にあるキューブ型の木箱に好きな色を塗り、いくつか接着剤でつなげれば完成です。棚の上にインテリア雑貨を置いて飾りつけを楽しむこともできるでしょう。

まとめ

キッチンはものが多く、家の中でも収納が難しいスペースです。それに加えて、出窓や冷蔵庫と壁の隙間など、使っていないスペースが意外と存在します。キッチンの空間を上手に活用するためにDIYを取り入れ、収納場所を増やしましょう。必要な材料はホームセンターや100均で手軽に手に入るため、費用が安く済む点も魅力です。DIYは収納用品を購入するのと違って手間がかかりますが、自分好みのテイストのグッズを作り出すことが可能です。

  • 木のぬくもりを生かしたナチュラルなキッチン
  • カフェ風のおしゃれなキッチン
  • 黒やシルバーを基調とした男前インテリアキッチン

など、ご自分の好きな雰囲気の収納用品をDIYして、理想のキッチンへ近づけてみてください。

PartyKitchen編集部

35,756 views

Party Kitchen 編集部です! 料理だけでなく、大切な人をおもてなしするアイディア、テーブルコーディネート、お出かけアイディアなどをご紹介していき...

プロフィール

おすすめ

ABOUT

「Party Kitchen」は、女性のための「料理とおもてなし」メディアです。
料理の基礎から毎日の献立や簡単料理、本格スイーツにパーティー料理、さらには魚のさばき方などの料理を中心に、大切な人をおもてなしするアイディア・パーティー・テーブルコーディネート・お出かけなどの情報を発信しています。
笑顔にしたい人がいる方に寄り添うメディアを目指していきます。
詳しく

最新の記事