【プロが教える基本の作り方】ふわふわのスフレチーズケーキ【18cm型】 | Party Kitchen

【プロが教える基本の作り方】ふわふわのスフレチーズケーキ【18cm型】

料理レシピ
レシピを印刷する
焼きたてのスフレチーズケーキを食べたことはありますか? 冷ましてもモチロン美味しいですが、あつあつのスフレチーズケーキもまた絶品なんです! 今回ご紹介するのはそんな、ふわふわでしゅわしゅわのスフレチーズケーキです♪ 4つのポイントさえおさえれば、「あれ?意外と簡単じゃん♪」と思えるはずです! ぜひ試してみて下さい♪
分量 :
1台分(18cmケーキ型)
下準備 :
50
調理 :
50
所要時間 :

必要なもの

  • --器具
  • ボウル
  • ホイッパー
  • ハンドミキサー
  • スパチュラ
  • クッキングシート
  • 18cm ケーキ丸型 底取タイプ
  • --食材
  • 200 g クリームチーズ
  • 30 g グラニュー糖
  • 4 個分 卵黄
  • 200 ml 牛乳
  • 1/2 個分 レモン汁 約20ml
  • 20 g 薄力粉
  • 20 g コーンスターチ
  • --メレンゲ
  • 4 個分 卵白
  • 30 g グラニュー糖
  1. ボウルにクリームチーズ入れ、クリーム状になるまでホイッパーで混ぜたら、グラニュー糖を加え混ぜる。
  2. ①に卵黄、牛乳、レモン汁の順に加え、その都度ホイッパーでしっかり混ぜ合わせる。(卵白は冷蔵庫に入れる)
  3. ふるった薄力粉を②に加え、ホイッパーでさっくりと混ぜる。
  4. 卵白をハンドミキサーで泡だて、その途中でグラニュー糖を2、3回にわけて加える。ツノが立つくらいのしっかりとしたメレンゲを作る。
  5. ③にメレンゲを3回に分けて加え、気泡をつぶさないようスパチュラでさっくりと混ぜる。
  6. 型とクッキングシートにしっかりとバター塗って、型にクッキングシートを敷く。そこに生地を流し込み、型全体をアルミホイルで包む。
  7. 150℃のオーブンで50分程度、蒸し焼きにする。
  8. 焼きあがったら、型からゆっくりと外す。
  9. Let's enjoy party!

ポイント

今回のスフレチーズケーキで失敗しないポイントは4つ♪

  1. 材料を加えたらその都度しっかりと混ぜ合わせ、ムラのない生地にすること
  2. 薄力粉を加えてからは、混ぜる回数を最小限におさえること
  3. メレンゲは角が立つまでしっかり泡立てること
  4. 蒸し焼きにすること(水が途中でなくなったら補給する)

この4つのポイントをおさえて、お家で簡単にふわふわしゅわしゅわのスフレチーズケーキを作ってみてください♪

 

失敗しないコツ

ダマダマに要注意!

ダマダマになる根本的な原因は、柔らかさの違うもの・温度が違うものをいきなり混ぜてしまうこと。

なので、クリームチーズは使う前に室温に戻してから使います。室温に戻すのを忘れてしまった時にクリームチーズを柔らかくする方法はいくつかありますが、例えばレンジで加熱して柔らかくする場合は、加熱しすぎないように注意。あくまで混ぜやすい柔らかさにするだけなので、加熱しすぎて溶けることのないように注意しましょう。(バターを使うレシピの時はバターも同様)

 

レモン汁ではなくレモンの皮を使うレシピの場合

レモンの皮は刻んで入れると舌触りが悪くなってしまうので、すりおろして入れるようにしましょう。

 

ふわふわしゅわしゅわにするために

卵黄と卵白を分ける際、卵白は必ず冷蔵庫に入れましょう。冷やすことできめ細やかなメレンゲを作ることができます。メレンゲと③の生地を混ぜ合わせる時は気泡を潰さないようにしましょう!混ぜすぎて泡を潰すと膨らみが悪くなります。

作ったメレンゲを一度に全部混ぜてしまわずに、必ず数回に分けて混ぜるようにしましょう!

数回に分けることで、泡を潰しすぎないまま綺麗に馴染ませることができます。ここがふわしゅわの要ですよ♪

 

綺麗な見た目を保つために

スフレチーズケーキの型にはしっかりバターを塗るようにしましょう。
しっかりバターを塗っておくことで膨らむ時に型に生地がくっつくのを避けることができます。周りにくっついて生地が引っ張られてしまうと表面が裂けてひび割れの原因になるので注意です!

吾郷ちゃん

0 views

パーティーキッチンの専属パティシエです。 ケーキ屋さんから出てくるお客さんが皆笑顔だったこと。それが私がパティシエを目指すきっかけでした。スイーツはもちろん...

プロフィール

おすすめ

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。