秋に食べたい!理想の和朝食 【和食/焼き魚/実りの秋/丁寧な暮らし】 | Party Kitchen

秋に食べたい!理想の和朝食 【和食/焼き魚/実りの秋/丁寧な暮らし】

料理レシピ
レシピを印刷する
こんにちは、めぐみんです( ^ω^ ) きょうは「めぐみんの心尽しごはん」より、理想の朝ごはん和食編第2弾!をお届けします。 今回は秋に食べたい理想の和朝食をテーマに、土鍋で炊いた白ご飯、里芋のお味噌汁、鯖の塩焼き、ネギ入り卵焼き、ミョウガの甘酢漬けを作りました♪ 調理のポイントや、前回ご紹介した理想の和朝食第1弾のレシピは、このページの下の方にまとめて記載しましたので、チェックしてみてください◎
分量 :
2人分
下準備 :
2~3時間(ミョウガの漬物のみ)
調理 :
50分
所要時間 :
50分

必要なもの

  • 道具
  • 包丁
  • まな板
  • まな板 (肉・魚用)
  • 卵焼き器
  • 土鍋ごはんの食材
  • お米3
  • 600 ml
  • お味噌汁の食材
  • 500 ml
  • 煮干し15 g
  • 里芋1
  • 大根100 g
  • 人参1/5
  • なめこ1/2
  • 味噌40 g
  • 小ねぎ適量
  • ネギ入り卵焼きの食材
  • 3
  • 砂糖小さじ2
  • 濃口醤油小さじ1/2
  • 小ねぎ適量
  • 鯖の塩焼きの食材
  • 塩鯖2
  • 大根おろし適量
  • 大葉2
  • みょうがの甘酢漬けの食材
  • みょうが3
  • すし酢みょうがが浸かる量

作り方

土鍋ごはんの手順
  1. お米を研ぐ。
  2. 溶いだお米を水に20分浸漬する。水気を切る。
  3. 土鍋に2のお米と水600mlを入れる。
  4. 土鍋は蓋をして、強めの中火で加熱する。
  5. 10分ほどで沸騰してきたら、弱火にして15〜20分加熱する。
  6. 火を止めて10分蒸らす。
お味噌汁の手順
  1. 煮干しの頭と内蔵を取り除き、水を入れた鍋に入れて30分以上浸します。
  2. 強火にかけ、沸騰したら弱火にして、アクを取りながら10分煮込む。ザルでこす。
  3. 大根と人参はいちょう切り、里芋は皮を剥いて輪切りにする。なめこは水でさっと洗う。
  4. 2で取った出汁を鍋に入れて、大根、人参、里芋を入れて弱めの中火にかけ蓋をして5分加熱する。なめこを加えて味噌を溶く。
  5. ひと煮立ちする前に火を止めて、小口切りにした小ねぎを加える。
ネギ入り卵焼きの手順
  1. 小ねぎは小口切りにする。
  2. ボウルに卵を割り入れ、箸で切るように混ぜる。そこに調味料と1の小ねぎを入れてさらに混ぜる。
  3. 卵焼き用のフライパンに油(分量外)を熱し、2で作った卵液の1/3量を入れる。
  4. 気泡を潰して、強火で奥から手前に巻く。残りも同じように繰り返す。
鯖の塩焼きの手順
  1. 魚焼きグリルを事前に温めておき、1の鯖に薄く塩を振り、身から焼く。中火で6〜7分焼き、裏返したら4〜5分焼く。
  2. 器に2を盛り、大葉の上に、おろした大根を添える。
みょうがの甘酢漬けの手順
  1. みょうがを沸騰したお湯で5秒ほど茹でて、熱いうちにすし酢を入れた保存容器に漬けて冷やす。
  2. 2~3時間置く。
  3. Let's enjoy party!

調理のポイント

  1. 味噌汁:煮干しで出汁をとる時は頭と内蔵部分を手で取り除く。
  2. 卵焼き:少し半熟くらいで巻く。加熱しすぎるとパサパサの卵焼きになる。
  3. 鯖の塩焼き:なるべく短時間で焼き上げる。水分や血合いをしっかり拭く。焼く少し前に塩を振って臭みを除く。

+α…ちなみに鮮度の良い鯖の見分け方は、身がふっくらしていることと、皮ピンっと張っている物を選ぶと良いですよ!
丸のままの場合は、目の色がキレイかどうかも見分けるポイントに出来ます♪

土鍋ごはんの炊き方

「研いだお米を水につける」

  1. ざるを重ねたボールに、お米を入れて水をかぶるくらい入れ、軽くかき混ぜたら素早く水を捨てる。
  2. 再度水を入れて、お米をかき混ぜて研ぐ。(研ぎやすい水の量で)
  3. ある程度濁らなくなったら、水につけて30分浸漬する。

「加熱する」

  1. お米と水を土鍋にセットしたら強めの中火にかける。
  2. 沸騰して、蒸気が勢いよく出始めたら、弱火にして15分炊きます。

「蒸らす」

  1. 火を止めて、蓋をしたまま20分蒸らします。

お持ちの土鍋で、多少差はあるかもしれませんが、ぜひやってみてくださいね♪

こんな朝を迎えたい!癒やされる「理想の朝ごはん」和食編

理想の和朝食第1弾のレシピはこちら

 

めぐみんのヒトコト

きょうのごはんは

  • ご飯
  • 里芋のお味噌汁
  • サバの塩焼き
  • ネギ入り卵焼き
  • みょうがの甘酢漬け

以前にも「理想の朝ごはん-和食編-」をお届けしたのですが、これまでに国内外で沢山の方に見て頂き、嬉しく思っています◎
今回は、前回よりも、日常に寄り添った雰囲気と内容で作りました!
「なんてことない、とある日の朝食。」少しだけ早起きをして、丁寧なご飯を作って食べる。そんな生活が出来たらいいなぁといつも思っています◎

シリーズタイトルにもなっている「心尽し」は誰かを思ってあれこれと気にかけるという意味があります。
いつも誰かを思いながら、料理を楽しみたい想いで作っています。動画の方は雰囲気も合わせて楽しんで頂けたら嬉しいです^^

めぐみん

4,043 views

料理家・管理栄養士。 これまで、食に携わる機会も多く、和食やイタリアンなど様々な現場を経験してきました。豊富な経験と管理栄養士の知識を活かしたレシピを皆さん...

プロフィール

おすすめ