【パエリアの作り方】魚介の旨味凝縮で美味しい!【世界の料理】 | Party Kitchen

【パエリアの作り方】魚介の旨味凝縮で美味しい!【世界の料理】

料理レシピ
レシピを印刷する
「めぐみんの心尽しごはん」より「パエリア」をお届けします。

パエリアは、いわずと知れた世界的にも人気のスペイン料理の一つですね!
魚介たっぷり!シーフードパエリアを作りますよ〜!
魚介の旨みをギュッと吸ったお米がとってもおいしい♪
色鮮やかな見た目も食欲をそそりますし、パーティー料理にもぴったりです◎
ぜひ作ってみて下さい〜\(^o^)/

きょうのごはんは
 ・パエリア
分量 :
4人分
下準備 :
20分
調理 :
1時間
所要時間 :
1時間20分

必要なもの

  • 道具
  • 包丁
  • まな板
  • まな板 (肉・魚用)
  • ホーロー鍋
  • バット
  • パエリアの食材
  • ニンニク1 かけ
  • タマネギ(小)1
  • いんげん5~6
  • 赤パプリカ1/4
  • 黄パプリカ1/4
  • いか(小)1
  • アサリ12 個くらい
  • ムール貝5
  • 有頭エビ5
  • オリーブオイル大さじ3
  • 小さじ1
  • 白ワイン大さじ2
  • 600 ml
  • ブイヨン1
  • ホールトマト缶100 g
  • パプリカパウダー小さじ1
  • サフランひとつまみ
  • お米2
  • パセリ適量

作り方

  1. ニンニクとタマネギは粗みじん切りにする。いんげんは1cmの長さに切る。赤パプリカと黄パプリカは、1.5cmくらい幅に切る。
  2. いかは輪切りにする。アサリは砂抜きをしておき、ムール貝も下処理行う。
  3. 有頭エビは2尾だけ頭と殻を取り除く。残りはそのままにして、全て背わたを取り除く。
  4. 鍋にオリーブオイルをひいて、パプリカは端で焼き色がつくくらい焼いて取り出す。つぎにニンニク、タマネギを入れて透き通るまで炒めて、いんげんを加えてさらに炒めたら一旦取り出す。
  5. 4に、少しオリーブオイルを足して(分量外)、有頭海老を両面焼いて取り出す。イカ、エビ、エビの頭を炒めて、軽く火が通ったらエビの頭以外は一旦取り出す。アサリとムール貝、白ワインと水、ブイヨンを加えてひと煮立ちさせる。エビの頭はみそを出すようにしたら取り出す。
  6. 貝類は開いたら、一旦取り出す。
  7. しっかり潰したホールトマトとパプリカパウダー、サフランを6の鍋に入れる。一度煮立たせてから弱火にし、お米を洗わずに加えて平らにならす。(塩は味をみてお好みで入れる)蓋をして10分ほど加熱する。
  8. 魚介とパプリカを放射線状にきれいに並べて、蓋をしてさらに弱火で7〜8分加熱する。そのあと5分蒸らす。
  9. 刻んだパセリをちらす。
  10. Let's enjoy party!

きょうの調理ポイント

  1. タマネギは炒めすぎない
    ⇢甘みがでて全体の味のバランスが悪くなるので、ここでは透き通るくらいでOK
  2. お米は洗わない
    ⇢魚介の旨みを吸わせる!洗うと水を吸ってで味がぼやける
  3. 海老の頭
    ⇢海老の頭から旨みを引き出しスープに移す!

パエリアについて

パエリアは、スペインのバレンシア地方が発祥になります。

魚介や肉、野菜などとそのスープでお米を炊き上げる料理です。

有名でよく食べられるのは、「シーフードパエリア」ですが、「バレンシア風パエリア」はお肉を入れます。

ウサギ肉を使ったりするそうですよ。山の幸が中心なんですね。

もうひとつは、魚介もお肉も両方入ったパエリアです。

めぐみん

4,189 views

料理家・管理栄養士。 これまで、食に携わる機会も多く、和食やイタリアンなど様々な現場を経験してきました。豊富な経験と管理栄養士の知識を活かしたレシピを皆さん...

プロフィール

おすすめ

ABOUT

「Party Kitchen」は、女性のための「料理とおもてなし」メディアです。
料理の基礎から毎日の献立や簡単料理、本格スイーツにパーティー料理、さらには魚のさばき方などの料理を中心に、大切な人をおもてなしするアイディア・パーティー・テーブルコーディネート・お出かけなどの情報を発信しています。
笑顔にしたい人がいる方に寄り添うメディアを目指していきます。
詳しく

最新の記事