【BIG】【ロング】フライドポテト じゃがいもをホットプレートで揚げちゃうよ!【ロシアン佐藤】 | Party Kitchen

【BIG】【ロング】フライドポテト じゃがいもをホットプレートで揚げちゃうよ!【ロシアン佐藤】

料理レシピ
レシピを印刷する
こんにちは!パーティーキッチンのデカ盛り、びっくりレシピ担当ロシアン佐藤です! 今回は、ずーっと作ってみたかったんだけど、どう作るのか悩んでいたBIGなあれを作ります! 「フライドポテト!!!!!」 なーんだ。芋か。と思うかもしれませんが(笑)ポテト100%のフライドポテトの巨大化は実は色々試行錯誤が必要で、ずっと足踏みをしていましたが、ようやくこれか?!というレシピができたので、動画にしてみました! ポテトケースも、封筒でかんたんに作る事ができます!動画の中で作っているので是非参考にしてみてね! ちゃちゃっと作れる3種のディップソースもぜひお試しあれ!
分量 :
4~5人分
下準備 :
調理 :
1時間
所要時間 :
1時間

必要なもの

  • 道具
  • マッシャー
  • クッキングシート
  • オーブンレンジ
  • ホットプレート
  • 温度計
  • フライドポテトの食材
  • じゃがいも10
  • 適量
  • 適量
  • 適量
  • カレーケチャップソースの食材
  • ケチャップ大さじ2
  • カレー粉小さじ1/2
  • オーロラソースの食材
  • ケチャップ大さじ2
  • マヨネーズ大さじ3
  • ウスターソース小さじ1/2
  • オールスパイス少々
  • バジルマヨネーズの食材
  • マヨネーズ大さじ3
  • 乾燥バジル大さじ1
  • コショウ適量
フライドポテトの手順
  1. じゃがいもをよく洗い、切り込みを十字に薄く入れる。
  2. 鍋にじゃがいもと、じゃがいもがかぶるくらいの水を入れ、中火で加熱する。 沸騰してきたら弱火にし、30~40分加熱する。
  3. じゃがいもにフォークや串がすっと通るくらいまで加熱したら、取り出して皮を剥く。
  4. ボウルに入れ、マッシャーで潰し、マッシュポテトにする。
  5. マッシュポテトをクッキングシートを敷いたバットなどに取り出し、厚さ1cm前後の四角い形に形成する。
  6. 細長く切り分ける。
  7. 160度に余熱したオーブンで30分〜40分間ほど加熱する。表面が乾き、しっかりと固まるまで加熱する。加熱が足りないと、揚げている時に中身が溶け出すので注意する。
  8. ホットプレートに油を1cm程度の高さになるように入れ、170度〜180度で加熱する。
  9. ポテトを揚げる。カラッとすればOKなので3~4分ほどでOKです。
  10. 温かいうちに塩を少々振りかける。
3種のソースの手順
  1. 各ソースとも、材料を混ぜ合わせる。
  2. Let's enjoy party!

 

こだわりの「じゃがいも100%」

このレシピ使えばどんなポテトも作れるはず......!!!!

今回こだわったポイントは「じゃがいも100%」であること。つなぎの食材を一切使わない、「フライドポテト」の味にしたかった。じゃがいも好きが満足するフライドポテト!を目指しています。

大きいお芋にするためには、お芋だけのマッシュポテトを作ってそれを形成すれば作れるのですが、そのまま揚げると見事に溶けてしまい、あとかたもなくなってしまいます。(とても悲しい)
ただ、冷凍して強火で一気に揚げると、色がめちゃくちゃこんがりしてしまいます・・・。(茶色すぎてコレジャナイ感)

というわけで、形を作ってから、一度周りを低温で焼き固めてから揚げることによって、巨大フライドポテトを作ることに成功しました^^
今回はホットプレートで揚げましたが、お家のお鍋やフライパンでも大きめの物があればそちらで揚げてもOKですよ!

またオーブンで焼き固める工程でお好きなオイルを塗っていただければ、フライするよりも低カロリーで香ばしい、焼きポテトも作ることができます!

普通にポテトを揚げるよりもめちゃめちゃ手間がかかりますが、皆のびっくりする表情は見ものです!

ロシアン佐藤

1,132 views

デカ盛り&びっくり料理担当 兼 フードファイター。 食べることが何より好きで、一般的な胃袋の10倍くらい食べることができます!食への興味は人一倍、いや十倍!...

プロフィール

おすすめ

ABOUT

「Party Kitchen」は、女性のための「料理とおもてなし」メディアです。
料理の基礎から毎日の献立や簡単料理、本格スイーツにパーティー料理、さらには魚のさばき方などの料理を中心に、大切な人をおもてなしするアイディア・パーティー・テーブルコーディネート・お出かけなどの情報を発信しています。
笑顔にしたい人がいる方に寄り添うメディアを目指していきます。
詳しく

最新の記事