ほうとうの作り方。【郷土料理/山梨県/甲州味噌】 | Party Kitchen

ほうとうの作り方。【郷土料理/山梨県/甲州味噌】

料理レシピ
レシピを印刷する
きょうのごはんは  ・ほうとう  ・ミニいなり寿司  ・春菊とカニカマのごま酢和え ◆今回使用したご当地食材 ・甲州やまごみそ (五味醤油株式会社) https://www.kurut.onl/m/cJ_o
分量 :
2人分
下準備 :
30
調理 :
50
所要時間 :
80

必要なもの

  • 道具
  • 包丁
  • まな板
  • まな板 (肉・魚用)
  • ボウル
  • めん棒
  • ご飯釜 (3号)
  • ほうとう鍋の食材
  • 豚バラ薄切り肉100 g
  • 白菜200 g (1/10株)
  • 大根150 g (1/8本)
  • 人参小1/4本
  • かぼちゃ100~120 g (1/8個)
  • 長ネギ1/2本
  • 油揚げ1
  • なめこ50 g (1/2袋)
  • 1500 ml
  • 煮干し10 g
  • 薄口醤油小さじ1
  • みりん小さじ2
  • 甲州みそ60 g
  • ほうとうの食材
  • 強力粉100 g
  • 薄力粉100 g
  • 100~120 ml (ぬるま湯)

作り方

    ほうとう鍋の手順
    1. 豚バラは4cmの長さに切る。白菜は一口大のそぎ切りにする。大根と人参は皮を剥き、いちょう切りにする。
    2. かぼちゃはわたと種を取り、厚さ5mmくらいの薄切りにする。長ネギは斜め切りにする。
    3. 油揚げは油抜きをして、縦半分に切って幅1cmに切る。なめこはザルにあげて水でさっと洗う。
    4. 鍋に水と煮干しを入れて30分おいておく。弱火にかけて15分ほどじっくり加熱する。煮干しを取り出し、具材を入れていく。
    5. 4に大根、人参を入れて強火にかけて沸いたら中火で10分煮込む。豚肉を入れてアクを取り除き、薄口醤油、みりんを加える。さらに白菜、油揚げ、かぼちゃ、「ほうとうの手順」のほうとうを加えて中火で7〜8分煮込み、お味噌を溶きます。
    6. 最後に長ネギとなめこを加えて 2分煮込む。
    ほうとうの手順
    1. ボウルに薄力粉と強力粉、ぬるま湯を入れてよく混ぜ合わせる。
    2. 1をボウルから取り出して表面がなめらかになるまで10分ほどこねる。打ち粉をしながらめん棒で、厚さ5mmになるまでのばす。
    3. 多めに打ち粉をして、半分に折って打ち粉、さらに折って打ち粉をする。1cmほどの幅に切り、麺がくっつかないように打ち粉をしておく。
    4. Let's enjoy party!

    ほうとうとは?

    ほうとうは「山梨県」の郷土料理になります。
    農林水産省により各地に伝わるふるさとの味の中から決める「農山漁村の郷土料理百選」に、もう一つの名物料理である"吉田うどん"とともに選ばれたそうです。「ほうとう」は山梨を代表する郷土料理。小麦粉を練った平打ち麺に、かぼちゃや芋類、きのこ、季節の野菜、肉などの具材を加えて、味噌仕立ての汁で煮込む素朴な料理です。

    ほうとうの特徴は?

    めんと季節の野菜を味噌仕立ての汁で煮込んだほうとう鍋。一品で野菜やお肉もとれるのが魅力的です。ほうとうのめんは小麦粉を水でできており、見た目はきしめんに似ています。ほうとうは製造工程で塩分を混ぜない。そのため、めんを湯がいて塩分を抜く手順が要らず、生めんから煮込むところに特色があるようです。また、打ち粉を落とさないので、とろみがつき、汁が冷めにくくなって、食べ終わるまでアツアツです。寒い季節にピッタリですね!!

    めぐみん

    4,952 views

    料理家・管理栄養士。 これまで、食に携わる機会も多く、和食やイタリアンなど様々な現場を経験してきました。豊富な経験と管理栄養士の知識を活かしたレシピを皆さん...

    プロフィール

    おすすめ