| Party Kitchen | パーティーキッチン| 料理のレシピ動画メディア

【基本の作り方】マンゴータルトの作り方 ~ Mango Tart

By 吾郷 伶奈

4月 14, 2018

マンゴーをまるごと使った、マンゴーたっぷりの贅沢タルトの作り方をご紹介します♪
今回はタルト生地から作りました!時間がない時は買ってきたタルト生地を使っちゃいましょう!その場合のクリームの焼き加減は180℃で25分くらいです。

  • 準備: 30 分
  • 調理: 30 分
  • 分量: 直径18cmのタルト型1台分

必要なもの

器具

ボウル

スパチュラ

ふるい

ラップ

めん棒

絞り袋

直径18cmのタルト型

フォーク

包丁

まな板

小鍋

ハケ

食材

タルト生地(パート・シュクレ)

無塩バター(室温に戻す) 60g

粉糖 30g

塩 ひとつまみ

薄力粉 90g

全卵(室温に戻す) 12g(1個)

クリーム(クレーム・ダマンド)

無塩バター(室温に戻す) 50g

粉糖 50g

全卵(室温に戻す) 1個

アーモンドパウダー 50g

仕上げ

マンゴー 1個

マンゴーソース(ジャム) 適量

ナパージュ 適量

手順

タルト生地(パート・シュクレ)

1ボウルにバターを入れて、スパチュラで混ぜて柔らかくする。(固すぎる時は溶けない程度に数秒レンジで加熱する)

2ふるった粉糖と塩を①のボウルに加え、スパチュラで練るように混ぜる。

3ふるった薄力粉を②のボウルに加え、均一な生地になるまでスパチュラで練るように混ぜる。

4溶きほぐした卵を③のボウルに加え、均一でなめらかな生地になるまでスパチュラで混ぜる。

5生地をひとまとめにしたら、ラップに包んで型よりも5cm程度大きい円形にめん棒でのばす。

6生地をまな板などの平らなものの上に置き、冷蔵庫で 1時間以上ねかせる。

クリーム(クレーム・ダマンド)

1ボウルにバターを入れて、スパチュラで混ぜて柔らかくする。(固すぎる時は溶けない程度に数秒レンジで加熱する)

2ふるった粉糖を①のボウルに加え、スパチュラで練るように混ぜる。

3溶きほぐした卵の半量を②のボウルに加え、スパチュラで混ぜる。

4ふるったアーモンドパウダーを③のボウルに加え、なめらかになるまでスパチュラで混ぜる。

5残りの溶きほぐした卵を④のボウルに加え、スパチュラで混ぜる。

成形

1タルト生地を冷蔵庫から取り出したら、生地が割れない程度に曲がるくらいの柔らかさになるまで待つ。

2①のタルト生地を型にやさしく敷き込む。

3めん棒やナイフを使ってはみ出した生地を切り落とし、フォークで生地の底に穴をあける。(時間に余裕があるときは、カット面が綺麗な仕上がりになるため、冷蔵庫で1時間休ませてからナイフで切り落とすと良い。)

4③にクリームをのせて、カードなどを使ってならす。

5180℃に予熱したオーブンで 40分焼く。(表面が全体的に薄茶色になっていればOK)

6焼きあがったら、焼き上がりは柔らかいので、型のまま網などにのせ粗熱を取り、慎重に型から外す。

仕上げ

1マンゴーの皮をむいて薄切りにする。

2タルト生地の上部にマンゴーソースを塗り、①で切ったマンゴーを生地のふちからぐるぐると中央に向かって並べる。

3小鍋にナパージュと少量の水をいれて沸騰させ、塗りやすい固さになったら、マンゴーの表面に塗ってツヤをだす。

4Let's enjoy party!

今回のポイントは2つ♪
☆まとまりのある生地にするために、バターと卵は室温に戻して使うこと
☆崩れにくい生地にするために、スパチュラを使って混ぜること

00:00

0 レビュー

全ての項目を入力してください