さっぱりお豆腐丼と夏野菜のお味噌汁の作り方【夏の朝ごはん・ヘルシー・健康】 | Party Kitchen

さっぱりお豆腐丼と夏野菜のお味噌汁の作り方【夏の朝ごはん・ヘルシー・健康】

料理レシピ
レシピを印刷する
こんにちは、めぐみんです。
今回は夏の暑い時でも食べられる、さっぱりヘルシーなご飯の作り方を紹介します!

お豆腐丼にかけているのは、手作りのなめ茸です\(^o^)/
梅とかつお節を入れなければ、シンプルななめ茸のレシピになります♪

きょうのごはんは
 ・お豆腐丼
 ・かぼちゃのお味噌汁
分量 :
2人分
下準備 :
20
調理 :
30
所要時間 :
50

必要なもの

  • 道具
  • 包丁
  • まな板
  • 小鍋
  • ご飯釜 (3号)
  • ボウル
  • 梅なめ茸タレの食材
  • えのき100 g
  • お酒大さじ1
  • 和風顆粒だし小さじ1/4
  • 大さじ1
  • みりん小さじ2
  • 濃口醤油大さじ1
  • お酢大さじ1
  • 梅干し1個
  • かつお節ひとつまみ
  • お豆腐丼の食材
  • ご飯2 杯分
  • 刻み海苔適量
  • 絹ごし豆腐100 gずつ
  • タレ※「梅なめ茸タレの食材」より大さじ1ずつくらい
  • 大葉2
  • 2

作り方

梅なめ茸タレの手順
  1. えのきは1cmの長さに切る。
  2. 鍋に1のえのきとお酒を入れて、しんなりするまで加熱する。
  3. 和風顆粒だし、みりん、濃口醤油、お酢を入れて、汁気を飛ばしながら煮詰める。
  4. 汁気が少なくなったら、刻んだ梅干しとかつお節を加えて混ぜ合わせる。
お豆腐丼の手順
  1. お茶碗にごはんを盛り、刻み海苔をちらす。
  2. 水気を切った豆腐を、お茶碗に合わせて適当な大きさに切って1の上に盛る。
  3. 2の豆腐の上から「梅なめ茸タレ」の手順で作ったなめ茸をかける。
  4. 卵は固めの温泉卵にする。鍋にお湯を沸かして、火を止めて卵を入れ15分放置する。
  5. 3の中央に大葉と温泉卵をのせる。
  6. Let's enjoy party!

▽▼こちらもぜひ▼▽
【秋の朝ごはん】 和食/焼き魚/実りの秋/丁寧な暮らし
https://youtu.be/tLCbj7HuZmY
【冬の朝ごはん】切干大根の煮物と豆乳のお味噌汁。
https://youtu.be/SQT6gRrYDno

めぐみん

4,194 views

料理家・管理栄養士。 これまで、食に携わる機会も多く、和食やイタリアンなど様々な現場を経験してきました。豊富な経験と管理栄養士の知識を活かしたレシピを皆さん...

プロフィール

おすすめ