【ロシアン佐藤】手作りもっちり皮で作る巨大餃子!【真ん中に秘密が!?】 | Party Kitchen

【ロシアン佐藤】手作りもっちり皮で作る巨大餃子!【真ん中に秘密が!?】

料理レシピ
レシピを印刷する
餃子はのみものロシアン佐藤です。嘘です、この名言は三宅智子さんのものです← 今回はBIGな焼餃子! 手のひらからはみ出すくらいの超巨大サイズに作ってみました! こんなの中まで火が通るのか・・・・と不安になると思いますが、そこは秘密の一工夫!! 食べても美味しい、見ても楽しい!半熟卵が中からとろーり!! 皮から手作りの餃子は結構手間なもの。だって20枚も30枚も皮を作るのって大変ですよね。 じゃあ思い切って1人1個で満足できちゃう位大きな餃子はいかがでしょう! 真ん中にゆで卵を入れることで、焼き時間は普通の餃子とほぼ同じでOK! もっちり・カリッとした皮と、濃いめの味付けをした肉だねとトロトロ卵のコンビネーションをぜひ楽しんで下さい!
分量 :
6個
下準備 :
調理 :
1時間30分
所要時間 :
1時間30分

必要なもの

  • 道具
  • ボウル
  • まな板
  • フライパン
  • フライパンの蓋
  • めん棒
  • ラップ
  • BIG焼餃子の食材
  • 強力粉 200g
  • 熱湯 150ml
  • 卵 6個
  • 白ネギ 1本
  • メンマ 160g
  • ひき肉 300g
  • 醤油ラーメンの素 1人前
  • おろしニンニク 小さじ2
  • おろし生姜 小さじ2
  • 片栗粉 大さじ2
  • ゴマ油 適量
  • 水 150ml
  • 付け合せの食材
  • 黒酢(バルサミコ酢でも可) 適量
  • お酢 適量
  • コショウ 適量
  • 餃子タレ 適量
  1. 皮を作る。ボウルに強力粉を入れ、熱湯を一気に注ぎ、ヘラかスパチュラで混ぜ合わせる。ある程度混ざったらひとまとまりになるまで手でこねる。
  2. まとまりになったらラップでくるみ、常温で30分おいておく。
  3. ゆで卵を作る。鍋に卵を入れ、水を1cmの高さ程度まで入れ蓋をする。沸騰後6分間茹でる。
  4. 茹で上がったら氷水にとり粗熱を取る。冷めたら殻をむいておく。
  5. 肉だねを作る。白ネギをみじん切りにし、メンマを1cm幅程度に荒く刻む。
  6. ボウルにひき肉、刻んだ白ネギとメンマ、醤油ラーメンの素、おろしニンニク、おろし生姜、片栗粉を全て入れ、粘りが出るまで混ぜる。
  7. まな板に打ち粉(分量外)をし、生地を6等分したら、麺棒で丸く伸ばす。
  8. 生地に⑥の肉だねの1/6を平たくのばして載せ、更に④のゆで卵を乗せる。
  9. 生地の端に水(分量外)をつけて、包んでいく。6つ全部包む
  10. 深めのフライパンにごま油を敷き、中火で加熱する。餃子を並べ、1分間ほどそのまま加熱し焼き目をしっかりつける。水を入れ、蓋をし、更に8分加熱する。
  11. 器に盛り付け、お好みで餃子のタレや黒酢などと共に提供する。
  12. Let's enjoy party!

 

普通の焼餃子のたれでも良いですが、酢コショウや黒酢・生姜を載せてサッパリ食べるのもおすすめ!

ロシアンでもひとくちでは食べられないBIGな餃子!手のひらからはみ出すサイズですよ〜!
ぜひ皆に見せて驚かせちゃいましょう!

びっくり楽しいBIGレシピ、ぜひ作ってみてくださいね!

ロシアン佐藤

478 views

デカ盛り&びっくり料理担当 兼 フードファイター。 食べることが何より好きで、一般的な胃袋の10倍くらい食べることができます!食への興味は人一倍、いや十倍!...

プロフィール

おすすめ